WRCについて

WRCの成り立ち、ルール、実態について

1973年に誕生したWRC(世界ラリー選手権)は、世界で最もチャレンジングなモータースポーツとして知られている。その舞台となるのはサーキット場ではなく、競技のために閉鎖された公道を主に使用する。凍った峠道や森林を縫うように走る高速路、岩の突き出た悪路や土埃の舞う砂利道、アップダウンの激しい舗装路など様々だ。14カ国のさまざまな舞台で、季節を渡っていくWRCは、文字通り世界の道を競技フィールドとしている。

各ラリーはリエゾン(移動区間)で繋がれたいくつかのSS(スペシャルステージ)で構成されている。ドライバーはこの閉鎖されたSSを1台ずつ走り、その所要時間を1/10秒まで計測してタイムを競う。ラリーで特徴的なのは、コースの状況を記したペースノートを読み上げるコドライバーを同乗させることだ。リエゾンでは通常の交通規則を守って移動する。

ほとんどのラリーは基本的に同じスケジュールで行われる。ドライバーとコドライバーのレッキ(偵察走行)から始まり、ここではドライバーとコドライバーが制限速度を守ってコースの状況をチェックし記録する。続いてラリーカーのフルスピードテストであるシェイクダウン走行が行われ、金曜日から日曜日の3日間で競技が行われるという流れだ。

ラリーカーは誰れもがディーラーで購入できるロードカーをベースにしているが、様々な路面、天候状況などに対応し、何よりも速く走るためにレギュレーションに基づいて改造を受けている。ワールドラリーカーはもっともパワフルでダイナミックな外観を持っている。すべてのラリーカーに共通しているのは、クラッシュ時にも最大限の乗員の保護を約束するスチール製のロールケージが装備されているが、なかでも380馬力を誇るワールドラリーカーは安全性においても極限の性能が突き詰められたものとなっている。

Silver Partner
Bronze Partner
Official Supporter