ラリージャパンについて

日本のラリーファン、関係者の悲願だったWRCの日本招致が実現したのは、2004年のことだ。「公道を使用するWRCは日本での開催は無理」というそれまでの常識を乗り越えての快挙だった。ラリー・ジャパンは2007年まで北海道の十勝帯広を拠点として行われ、2008、2010年(2009年はローテーション開催となったため行われていない)は道央、札幌をホストタウンとして行われた。帯広開催のラリー・ジャパンではセレモニアルスタートが帯広市の中心部で開催され、毎回多くのファンを集めた。札幌開催のイベントでは札幌ドームにサービスパークが置かれ、2台同時スタートのスーパーSSが用意されるなど話題を呼んだ。

開催初年度の2004年はスバルのペター・ソルベルグが勝利、2005年はプジョーのマーカスグロンホルムが優勝し、2006年はシトロエンのセバスチャン・ローブがウイナーとなった。2007年と2008年はフォードのミッコ・ヒルボネンが連覇し、2010年はシトロエンのセバスチャン・オジエがWRC2勝目となる勝利を獲得している。

日本でのWRC開催は、景気の後退などの理由で2010年を最後に開催されてこなかった。日本の自動車メーカーがWRCから撤退してしまったという背景もある。だが、北海道では十勝帯広を拠点としてAPRC(アジア-パシフィックラリー選手権)が継続して行われるなど、日本国内でのラリーは確実に根付いていった。ラリーへの情熱は燠火のように決して途切れることはなかったのだ。

そして新たな動きが起こる。国内ラリーの改革やラリーそのものへの理解の広がりとともに、WRCにトヨタが復帰した流れを受けて、WRC日本招致の声が上がる。新たな舞台は、愛知県と岐阜県を中心としたエリア。残念ながら2019年のカレンダー入りはならなかったが、2020年こそWRCの開催を果たすべく体制を整え、2019年秋にはテストイベントを開催する予定だ。

Silver Partner
Bronze Partner
Official Supporter